水晶占い

名前を考えるにあたって

星座

先日子供が生まれたのですが、子供の名前を決めるために自分なりに決めた漢字を奥さんに相談しました。
すると奥さんは字数を気にして、その漢字では運がよくないからといって却下されてしまったのです。
私は当初あまりそういったことを気にするのはいかがなものかと思っていたのですが、実際に占いの本を見て、いろいろな考え方があることに気付きました。

もちろん私自身、占いに対しては興味はあるもののそこまで信用していたわけではありませんでした。
しかし、本を読んでいくうちに名前と運勢とがとても関係性があるのだということを知りました。

もちろん占いの本の中での知識なため、必ずしも当たっているとはいえませんが、それでも自分の子には幸せになってもらいたい、この名前がきっかけで運勢を悪くしてほしくないと思ってしまいます。
私は、奥さんの言うように占いの本から字数を計算し、私の苗字に合わせて最適な字数と漢字をいくつか選択することとしました。
4つほど選択した上で、次に悩むのがどれにするかです。

正直、本に頼ってしまっていた分、自分の考えがまとまらない状態となっておりました。
子供の名前を決めるのに親である私がこんな風に迷っていてはだめだと思いつつも決められない私がそこにいました。
占いの結果は確かに完全に的外れということもないでしょうが確実ではありません。
あくまで占いは参考程度にとどめ、あとは自分たちの気持ちを込めて子供の名前を付けてあげるのがいいんじゃないかと感じました。

タロットカード

最終決定は名付け親が

占いにはその人の主観が入るためいつも同じ結果が出るとは限りません。そんな時はいくつかの意見をもらった上で自分が判断すると良いです。せっかくの親から子供への最初のプレゼントなので自分が納得する名前を付けてあげましょう。

タロット占い

お願いすべき人とは

占いは自分が迷った時のアドバイスとして聞くくらいが丁度いいかもしれません。自分で悩んでいることは第三者に相談すると簡単に解決できた、という話も少なくありません。方向性がハッキリ決まっていない時は占ってもらうのも悪くないでしょう。

占い

姓名判断に頼る理由

姓名判断にしたがって、その見解通りに名前を付ける人もいるでしょうし、それは決して悪いことではありません。しかし、私の占いへの考えは違います。そんな私の穿っているかもしれない考えを最後に載せておきます。

手相占い

記事一覧

「姓名判断で子供の名前を付けるコトについて考えてみた」の記事一覧です。